ニュース

劇団 球 第22球公演 『 紫陽花 』ご予約受付中!

2018.05.07

Pocket

お待たせしました!
素敵なフライヤーが完成しました!
本番まであと一か月!ぜひぜひご来場下さいませ!

ご予約お待ち申し上げております☆\(^o^)/

劇団 球 第22球公演
『 紫陽花 』 作:演出/田口 萌

★料金 前売3500円・当日4000円 /全席自由
※公開ゲネプロ 2500円(6日19時~)
劇団 球ファンクラブ会員3000円(※受付にて会員証ご提示)

★日程(全9公演)

6月 6日(水) ── /19時(※公開ゲネ)

7日(木)14時 /19時

8日(金)14時 /19時

9日(土)14時 /19時

10日(日)13時 /18時

※開場は開演30分前です。開演15分前までにお早めにお越しくださいませ。
※未就学児のご入場はご遠慮ください。

★チケットご予約受付:info@gekidan-kyu.com

●ご記入内容
氏名(カタカナ)/日時/枚数/返信用メールアドレス/劇団関係者名

※事前お振込先は、ご予約受付後にお知らせ致します

【※ご注意】
1~3日以内に予約確認メール(お振込先など)を返信致しますので、
info@gekidan-kyu.com からのメールを受信可能にしておいて下さい。
※確認メール返信アドレスはPCアドレスの為、携帯の設定により受信拒否、
又は迷惑メールフォルダ、ゴミ箱に入っている可能性があります。

海産物の小売業を営む50代の夫婦。息子と娘の4人暮らし。
妻は店番、夫は営業車で行商に出掛ける毎日。
ここ最近物忘れが頻繁になった妻は不安を感じ病院を訪れると
そこで告げられたのは「若年性アルツハイマー型認知症」。
日常を少しずつ忘れる一方で、ある過去の記憶がよみがえり、
次第に現実と記憶の境界が曖昧になっていく妻。
夫はそんな妻の様子から、ある存在に気づいて苦悩するが、
やがて主治医の一言によって夫自身の中の「想い」に辿り着く。
忘れていく妻にはどんな景色が見えるのか。
そして家族は、そんな彼女の姿に何を見つけるのだろう。

★CAST★
小野寺 丈(JOE Company )

岡田 篤弥
山口 貴生
松村 瞳(Fish story′S)

古瀬 光希
福光 倖太郎
美紗樹

田口 萌

★STAFF★
照明:谷川 裕俊[PARAKEET]
音響:宮崎 裕之[predawn]
舞台監督:渡辺 了
美術:劇団 球
宣伝美術:木元研次
スチール協力:某若夢話
動画撮影協力:成毛 章浩 [(株)ITIGENヴイウエーブ]
制作:田口 萌・河合 友里奈・宮腰 真由・飯野 真帆
協力:(株)太田プロダクション/(株)EMOTION/燐光群
協賛:ホッピービバレッジ株式会社 www.hoppy-happy.com/

★会場 梅ヶ丘BOX

新宿より小田急線・各停で13分
梅ヶ丘駅下車 北口・南口徒歩1分(改札より約100m)
世田谷区梅丘1-24-14 フリート梅丘B1F

★お問合せ:劇団 球 info@gekidan-kyu.com


ツールバーへスキップ